草統一使いの呟き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草統一使いの呟き

主にポケモンのことで、気が向いたら書きます。

第1回関東シングルフェスタ使用構築

今回は関東シングルフェスタで使用した構築を紹介します!

 

f:id:kionsion:20170312150632p:plainf:id:kionsion:20170312150748p:plainf:id:kionsion:20170312151125p:plain

f:id:kionsion:20170312151132p:plainf:id:kionsion:20170312151501p:plainf:id:kionsion:20170312151451p:plain

 

 

第一回関東シングルフェスタ 5-3ブロック内同率2位直対負けにより予選落ち

 

目次

 

構築概要

元々、S2で2月中旬ごろにレート2000に到達したバンギラスドリュウズボーマンダカプ・テテフウルガモスカミツルギの並びで出場するつもりだった。しかし、バシャーモゲッコウガなど現環境におけるメジャーポケモンに対して苦戦を強いられることが多く、2月終盤にはレートを溶かしてしまったので裏選出を練り直す必要があると考え、大会3日前にようやく思いついたのがこの並び。

表選出はバンドリ@1、裏選出はバンドリできついフェローチェバシャーモゲッコウガなど上から殴ってくるポケモンに対する切り返し用のトリルミミッキュを軸としたミミッキュアシレーヌ@1。

立ち回りの基本としては、バンドリで選出誘導を行いバンドリが通せると思ったら表選出をして、通せないと思ったら裏選出をしてアシレーヌを通しにいく。

 

個別解説

 

f:id:kionsion:20170312154613p:plainバンギラス

 性格   能天気

持ち物 さらさら岩
努力値  H60 A60 B132 C4 S252
実数値  183-162-161-116-108-113
技構成  岩石封じ 冷凍ビーム ステルスロック 馬鹿力

選出率 1/8

 

ORASの時に使っていた有名な型をそのまま使ったので、調整についてはこちらを参照して頂いたほうがわかりやすいので今回は省略します。この構築の表選出の軸であり、砂ターンの管理が非常に重要でどのタイミングで退場させるか、交代して取っておくかなどの引き際の判断が難しいポケモン。一応裏選出のクッションとして選出することも可能だが今回は表選出でしか選出しなかった。

 

f:id:kionsion:20170312160328p:plainドリュウズ

 性格  意地っ張り
持ち物 風船
努力値  A252 B4  S252
実数値  185-205-81-×-85-140
技構成  地震 アイアンヘッド 岩雪崩 剣の舞
選出率 1/8

 

調整も何もない風船ドリュウズ。現環境はガルーラの弱体化、テテフの台頭によるキノガッサマリルリなど強力な先制技をもつポケモンが減少し、特別なにか調整する必要はないと思ったのでミラー意識でASぶっぱにした。

持ち物を風船にした理由は環境にランドロスが増えており,表選出をした際の初手にバンギラスランドロスの対面で相手の地震を耐えてステロを撒いた後に引くことで、ドリュウズを無償降臨させ起点にできるため(馬鹿力や鉢巻ランドロスは考慮しない)。また、バンギラスを後続に取っておくことで砂ターンが切れたときにクッションとして出すことで再度砂を撒くことができるため。

 

f:id:kionsion:20170312162652p:plainボーマンダ

 性格  臆病
持ち物 ボーマンダナイト
努力値  H4 C252 S252
実数値 171-×-100-162-100-167

実数値 171-×-150-172-110-189(メガシンカ)
技構成  ハイパーボイス 流星群 大文字 羽根休め

選出率 1/8

 

今大会の構築における一番の反省点があるポケモン。元々、特殊方面は補正をかけてもそこまで火力はなくバンギラスのステロ+砂ダメージと絡めて使うことが前提だったので、それならばと思い同族意識の最速にした。大文字はバンドリで重いナットレイテッカグヤに対する打点として採用した。羽休めに関しては、破壊光線とどちらを採用すべきか最後まで悩んでいたが破壊光線を採用しなかった結果、互いにラスト1体の場面で火力不足により不意打ち択ゲーに持ち込まれて負けたので破壊光線を採用すべきだったと思う。

 

f:id:kionsion:20170312164714p:plainリザードン

 性格  意地っ張り
持ち物  リザードナイトX
努力値  A252 D4 S252
実数値 153-149-98-×-106-152
実数値 153-200-131-×-106-152(メガシンカ)
技構成  フレアドライブ 逆鱗 ニトロチャージ 剣の舞
選出率 7/8

 

バンドリでは対処が安定しないメガメタグロステッカグヤナットレイなどの鋼ポケモンを倒すための炎枠。また、構築としてポリ2やスイクンなど数値受けをしてくるポケモンが重いので強引に突破するために剣の舞を採用した。後述するミミッキュアシレーヌと組み合わせた裏選出の補完として採用したので選出率としては高いが、このポケモン自体はそこまで大きな活躍はできず、どちらかというとミミッキュアシレーヌを通すためのクッションになりそのまま沈んでいくことが多かった。活躍した場面を強いていうなら、初手キノガッサ対面で最速起きしてその試合の流れを決めたことくらいでそれ以外は殆どクッションに徹していた悲しいポケモン

 

f:id:kionsion:20170312171044p:plainミミッキュ

 性格  意地っ張り
持ち物  気合いの襷
努力値  H148 A204 B156
実数値 149-149-120-x-125-116
技構成  じゃれつく 影うち 呪い トリックルーム
選出率 7/8

 

裏選出の軸。今大会における最大の戦犯といっても過言ではないポケモン。以前作ったまま使っていなかったトリルミミッキュをそのまま流用した。HBはA特化メガギャラドスの1舞滝登りを最高乱数切耐えまで振っている。基本的にトリックルームをした後に呪いで退場するのが役割だが、特性の化けの皮でクッションとしての性能も高く非常に使いやすいポケモンだった。持ち物をzではなく襷にした理由としてはアシレーヌにz技を採用したかったのと、化けの皮をクッションとして消費してしまった場合でもトリル展開をするために最低1回は行動を確保する必要があったため。sラインに関しては最遅にしてまでトリル下で抜きたいポケモンがいないのでこのままでいいと考えている。このポケモンがじゃれつくを外してトリルターンが足りなくなった結果負けた試合がブロック内での勝率が同率の人との試合で、これにより直対負けとして予選敗退が決定しただけに残念でならない。

 

f:id:kionsion:20170312174430p:plainアシレーヌ

 性格  控えめ
持ち物  アシレーヌZ
努力値  H236 B124 C124 D4 S20
実数値 185-×-110-178-137-83
技構成  泡沫のアリア ムーンフォース アクアジェット アンコール
選出率 7/8

 

今大会のMVP。勝った試合の殆どはこのポケモンおかげであり、特にミミッキュの剣舞影うち(34.5%〜41%)と意地ガブの地震(55.6%〜66.4%)をHP1だけ残して耐えて勝った試合は強く印象に残った。耐久面は意地っ張りメガボーマンダすてみタックルを最高乱数から2つ切って耐える。sラインはミラーで上から殴ることを想定して振った。積み展開を阻止するためにアンコール、襷で耐えられた場合のとどめ用にアクジェを採用した。水zを撃つタイミングが重要で、交代読みで打てればもっと楽に勝てた試合も多かったので、そこだけが唯一の反省点。

 

まとめ

今大会はバンドリ展開が全く刺さっていなかったので殆ど選出できず、唯一選出した試合も択ゲーで日和った結果負けてしまったのが残念だった(その負けた試合の対戦相手が今大会優勝者のチャックさんだったので少し報われた)。逆に裏選出のトリル展開は非常に刺さっていたので、裏選出決めに時間をかけた甲斐があったといえる。

結果としては、予選落ちしてしまったが前回参加したオフでは1-7と惨敗だったのに対して、今回は予選突破争いに絡めたので大きな成長だと言える。また、3月末に別のオフに参加する予定なのでそこでは予選突破できるように頑張ります。